seo対策とは? 初心者が押さえておくべきSEOの基本

このエントリーをはてなブックマークに追加

運営するホームページに多くの人を集めビジネス上の成果を出すためには、SEO対策が欠かせません。しかし、SEO対策という言葉は聞いたことがあっても具体的にどのようなことをすればいいのかまではご存じない方も多いのではないでしょうか? そこで、この記事では、初心者の方を対象に、SEO対策の基本について解説していきます。

  1. SEO対策とはどういう意味?
  2. SEO対策の方法とは?
  3. こんなSEOはペナルティの対象に
  4. SEO対策のメリット・デメリット

この記事を読むことで、これまでSEO対策を敬遠していた方もSEO対策について正しく理解できるはずです。


1.SEO対策とはどういう意味?

SEO対策とは、特定のキーワードで検索した際に自サイトを上位表示するための施策のことです。ネットユーザーの多くはGoogleやYahoo!などの検索エンジンを経由してホームページを閲覧しており、検索結果のどこに自サイトが表示されるかによってビジネスの成否が左右されると言っても過言ではありません。現在、検索エンジンの世界シェアはGoogleがトップとなっており、日本でシェアが高いYahoo!JAPANもGoogleのアルゴリズムを採用しています。そのため、SEO対策について正しく理解するためには、Googleがどのような要素に基づいて検索結果を決定しているのか? について知ることが重要です。そこで、この章では、「Googleが目指す検索結果」「検索結果が決定する仕組み」について解説していきます。

1-1.Googleが目指していること

Google検索エンジンの目的は、キーワードを打ち込んだユーザーに対して最も適したサイトを提供することです。Googleは検索結果に表示される広告によって利益を上げており、より多くのユーザーに検索エンジンを利用してもらう必要があります。そのため、検索キーワードを入力したユーザーが満足する検索結果を表示できるよう常にアルゴリズムを更新し続けているのです。また、アルゴリズムを悪用して上位表示しようとするサイトに対してはペナルティを与え、検索結果に表示しないという措置もとっています。

1-2.検索順位が決まる仕組み

Googleの検索順位を決定する基準としては、大きく内的要因と外的要因の2つがあります。これらの要素をGoogle独自のアルゴリズムで分析し、ユーザーにとって最適なサイトを上位に表示しているのです。それでは、内的要因・外的要因にはそれぞれどのような要素が含まれているのでしょうか? 一つずつ解説していきます。

1-2-1.内的要因

内的要因とはサイト自体に含まれている要素のことです。具体的には、htmlやCSSの記述・コンテンツの内容・サイトの構成などがあげられます。こうした要素によって、どのようなテーマでサイトが作成されているか? ユーザーの欲求を満たす情報が含まれているか? ユーザーにとって扱いやすいサイトか? などを総合的に判断し、評価を決定しているのです。

1-2-2.外的要因

外的要因とはサイト外部から及ぼされる影響のことで、被リンクの数や被リンク元サイトの質が主な要素となります。これは、有益なサイトであれば紹介(被リンク)も自然と増えていくだろうという考えによるものです。数年前まではこうした仕組みを利用して自作自演の被リンクを貼るというSEO対策が主流となっていましたが、現在のGoogleは自作自演の被リンクは評価していません。順位に良い影響を与えるのはユーザーが自発的に作成した自然リンクのみなので注意してください。

数年前までは外的要因が大きなウェイトを占めていましたが、アルゴリズムの進化によってサイトの中身を高いレベルでチェックできるようになったため、近年では内的要因の比重が大きくなっています。

2.SEO対策の方法とは?

それでは、SEO対策とは具体的にどのようなことをするのでしょうか? 先ほど、順位の決定要素として内的要因・外的要因の2つがあることをお話ししました。つまり、SEO対策を行うにあたっては、これら2つの要因に対してプラスとなる対策を行う必要があるのです。それぞれ詳しく見ていきましょう。

2-1.内部対策

内部対策とはサイト内部に対して行う施策のことを言います。たとえば、htmlやCSSを検索エンジンが理解しやすい記述に調整したり、サイト内のコンテンツを充実させたりという対策です。とくにここ最近はコンテンツの重要性が叫ばれており、ユーザーの抱えている疑問や悩みを解決するコンテンツをサイトに蓄積していくことでサイトの評価が高まると考えられています。実際、コンテンツを充実させることによって被リンクがほとんどないにもかかわらず上位表示を実現しているサイトも少なくありません。

2-2.外部対策

外部対策とは外部サイトから被リンクをもらうことでサイトの評価を高める対策のことです。正攻法としては良いコンテンツを作って多くの人に認知してもらうしかありません。しかし、実際には一企業のサイトが自然な被リンクを集めることは難しく、自作自演の被リンクによるSEO対策が乱立しているのが現状です。

こうした状況を受けてGoogleはアルゴリズムをアップデートし、現在では自然なリンクと自作自演のリンクを完全に区別できるまでになっています。そのため、これからSEO対策を始めるのであれば、自作自演の被リンクは効果がないと考えてよいでしょう。その一方、近年、SNSが普及したことによって誰でもリンクを作れる時代となりました。外部対策としては、有益なコンテンツを作成しSNSで拡散することによって自然リンクを獲得する方法が王道となりつつあります。

3.こんなSEOはペナルティの対象に

SEO対策はやり方を間違えるとGoogleからペナルティを受けて検索結果から消されてしまう恐れもあります。どのようなSEO対策がペナルティの対象となるのか? 代表的な例を紹介します。

3-1.自作自演の被リンク

先ほどもお伝えしたとおり、自作自演の被リンクはペナルティの対象となります。Googleが評価する被リンクはあくまでもサイトを見たユーザーが自発的に作成したリンクです。IP分散や関連サイトからの被リンクをうたっているSEO業者も存在しますが、現在のGoogleはこうした自然に見せかけた被リンクも見破ることができます。自作自演の被リンクには絶対に手を出さないように注意してください。

3-2 .実質のないコンテンツ

実質のないコンテンツもペナルティの対象です。実質のないコンテンツとは具体的に、自動生成されたコンテンツや内容の乏しいコンテンツ・他のサイトからのコピペなどがあげられます。ユーザーの役に立つ情報を提供するという使命を持つGoogleにとって、こうしたコンテンツは迷惑でしかありません。サイト内の情報がユーザーにとって役立つものになっているかをしっかりとチェックするようにしましょう。

3-3.重複コンテンツ

重複コンテンツもペナルティを受ける要因となります。問題となるのは、URLが異なるにもかかわらずコンテンツの内容がほとんど同じというケースです。一つのサイト内に同じ内容のページが複数あったり、他サイトに同様のコンテンツが存在したりという場合があげられます。また、URLの表記に一貫性が保たれていない場合やPC用サイトとスマホ用で別ページを用意している場合なども意図せず重複コンテンツが発生する要因となるので注意してください。

4.SEO対策のメリット・デメリット

実際にSEO対策を始める前に、まずメリットとデメリットについて理解しておくことが大切です。それぞれ見ていきましょう。

4-1.SEO対策のメリット

SEO対策のメリットとしては、大きく3つあります。第1に、上位表示することによって多くのアクセスが集まるということです。たくさんの人がサイトに訪問することで集客・売上アップにつながります。第2に、広告コストがかからないということです。通常、自社のサービスや商品を宣伝するためには、費用をかけて広告を出す必要があります。しかし、SEO対策ならこうした宣伝費用は一切必要ありません。第3に、ブランディングにも効果があるということです。上位表示することによって多くのユーザーの目に触れることになり、知名度・認知度が向上します。

4-2.SEOのデメリット

次に、SEOの対策のデメリットを見ていきましょう。第1にあげられるのが、効果が出るまでに時間がかかるということです。クリック広告などの場合は費用を払えばすぐに表示されますが、SEO対策は取り組んだらすぐに効果がでるというものではありません。第2に、手間がかかるということです。本気でSEO対策に取り組むためにはユーザーに役立つコンテンツを継続して追加していかなくてはいけません。中途半端なコンテンツでは効果がないため、コンテンツ作成にかかる労力は覚悟しておく必要があります。第3に、検索行動をとるユーザーにしかアプローチできないということです。ディスプレイ広告などではネットを利用している幅広いユーザーにリーチできますが、SEO対策で取り込むことができるのは検索エンジンを利用しているユーザーのみとなります。

まとめ

いかがでしたか? この記事では、SEO対策の基本について初心者の方にもわかりやすく解説しました。これからSEO対策を始めようと考えている方は、これらのことを理解して正しい方法で対策を行うようにしましょう。いまだに多くのSEO会社はペナルティの対象となる被リンクによる対策を行っています。過去の実績や価格の安さなどにつられて安易に契約しないように注意してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加