稼げるWEBライターになるには? SEOライターとして活躍する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

近年、インターネットの普及に伴い、『在宅』や『ノマド』といった、会社・オフィスに縛られない働き方が注目されています。中でも人気となっているのが、文章を書くことで収入を得る『WEBライター』という仕事です。しかし、現実には多くのライターがわずかな報酬しか得られず、専業で生活できるレベルのライターは限られています。そこで、この記事では、稼げるWEBライターになるために押さえておくべき5つのポイントを紹介しましょう。

  1. WEBライターが稼げる時代に!
  2. なぜ、ほとんどのWEBライターは稼げないのか?
  3. スキルがあれば高単価の仕事ができる
  4. 今求められているライターとは?
  5. どのような活躍の場があるのか?

以上を理解することで、どうすればWEBライターとして高い報酬を得られるのかについて理解できるはずです。


1.WEBライターが稼げる時代に!

実は今、WEBライターの需要が非常に大きくなっています。これは、ネット上における文章の価値が以前に比べて格段に高くなっているためです。なぜ今、これまで以上に文章が重要視されているのでしょうか? その理由を解説していきます。

1-1.コンテンツが重視されるようになった

文章が大きな価値を持つようになった背景として、Googleが検索エンジンアルゴリズムがコンテンツ重視にシフトしたことがあげられます。これはGoogleの検索結果を見れば一目瞭然です。実際に、これまで自作自演の被リンク中心のSEO対策で上位表示されていたサイトの多くが順位を下げ、しっかりとしたコンテンツを保有するサイトが上位を占めています。つまり、Google検索で自社サイトを上位表示するためには質の高いコンテンツが必要不可欠ということです。

1-2.優秀なライターが不足している

コンテンツの重要性が叫ばれているにもかかわらず、多くのライターは読者が満足するのに十分なクオリティの文章を書くことができません。そのため、ちまたに自称ライターがあふれている一方、本当の意味でのライターは常に不足状態にあるのです。しかし、もしあなたがライターとして高いスキルを持っているのなら、こうした状況は大きなチャンスと言えるでしょう。

1-3.多くの企業が即戦力を求めている

現在、多くの企業が即戦力として活躍できるWEBライターを求めています。しかし、実際にライター募集を出しても、集まるライターのほとんどはレベルの低い自称ライターです。また、インターネットビジネスではスピードが非常に重要となるため、一からライターを育てる時間もありません。そのため、高い報酬を払ってでも優秀なライターを雇いたいというのが本音なのです。

2.なぜ、ほとんどのライターは稼げないのか?

ライターが重宝される時代であるにもかかわらず、現状、ほとんどのWEBライターが満足のいく報酬を得られていません。なぜ、このような事態が起こっているのでしょうか? それは、多くのライターが以下のような案件を受注しているためです。

2-1.文章の価値を知らないクライアントからの依頼

依頼者の中には、文章の本当の価値を正しく理解していない企業も存在します。文章なんて誰にでも簡単に書けるだろうと考えているのです。当然、このような企業はインターネットを使って大きな利益を生み出すことができません。そして、利益が出ないためにライターにお金を出せないという悪循環が発生します。こうしたクライアントを相手にしていては、いつまでも高い報酬を得ることはできません。

2-2.素人をターゲットに募集している

ライター募集を出している企業の中には、募集対象が学生や主婦など、お小遣い稼ぎ感覚の素人を相手に募集している会社も少なくありません。プロのライターを雇っているという認識ではないため、報酬がアルバイトの最低賃金以下という例も普通に存在します。募集要項に「初心者歓迎」「初めての方でも安心」などの文句が書かれている場合、高い報酬は期待できないと考えたほうが良いでしょう。

2-3.1件あたりの単価が安い

SOHOサイトに掲載されているライター募集の多くが1文字1円以下といった単価の安い仕事です。こうした仕事では、かなりの量をこなさなければまともな収入を得られません。短い時間でたくさんの案件をこなす必要があるため、質の高い文章を書くことも難しくなるでしょう。こうした案件を受けていると収入が低いだけでなく、ライターとしての質を下げてしまう恐れもあるため注意が必要です。

3.スキルがあれば高単価の仕事ができる

もし、あなたがライターとして高いスキルを持っているのであれば、上で紹介した低報酬の仕事を受注する必要はありません。正しいスキルを身につけてさえいれば、文章からいくらでもお金を生み出すことができるのです。

3-1.文章から生まれる利益は無限大

インターネットでは一つのページに書かれた文章が大きな利益を生み出すことも珍しくありません。99%が文字情報のインターネットでは、サイトに書かれている文章が何よりも重要なのです。商品やサービスの売り込みはもちろん、見込み客を優良顧客に引き上げるための教育も文章によって行われます。文章が生み出す利益は無限大と言っても過言ではないでしょう。

3-2.今まで以上にコンテンツが重要視されている

先ほどもお伝えしたように、SEO対策においてもサイト内コンテンツが重視される傾向にあります。検索エンジンで上位表示されるためには、ユーザーを満足させるだけの役立つコンテンツが必要です。また、ユーザーの満足度が高いということは、企業のブランディングにも大きな効果が期待できます。しかし、企業はこうしたコンテンツを自社で用意することができないため、外注ライターに頼らざるを得ないのです。

3-3.選ばれるライターになれば報酬はどんどん上がる

企業がライターを募集する際、集まるライターのほどんどがレベルの低い自称ライターでなかなかスキルの高いライターと巡り会えないのが現状です。そのため、文章の価値を理解している企業であれば、高い報酬を支払ってでも優秀なライターを雇いたいと考えています。こうした企業に選ばれるライターになることで、現在よりも収入を高めることができるのです。

4.今求められているライターとは?

それでは、今現在WEBライターにはどのようなことが求められているのでしょうか? 3つのポイントを紹介します。

4-1.SEOを意識したライティングができる

現在、最も需要が高いのがSEO対策に効果的なコンテンツです。そのため、SEOを意識した文章を書けるライターが求められています。対策キーワードをタイトル・見出しに含めると言った基礎的なことはもちろん、共起語や類似呼称を文中に散りばめるなど、何をテーマにして書かれているのかを検索エンジンが理解しやすい構造にすることが大切です。

4-2.読者のニーズを満たす文章が書ける

また、読者のニーズを満たすコンテンツを作ることができるかどうかも重要なポイントです。サイトに訪れたユーザーがどのような情報を求めているのかを的確に捉え、100%満足させる必要があります。作成された文章を見て読者が疑問に思う点はないか? 他に不足している情報はないか? を徹底的に突き詰め、『他のサイトに負けないコンテンツを作る』という熱い気持ちが大切です。

4-3.マーケティングにかんする知識がある

コンテンツを利益に結びつけるためには、マーケティングにかんする知識も求められます。どれだけ良いコンテンツを作成しても、それで読者が満足してサイトを離脱してしまっては利益を生むことはできません。サイトに訪れたユーザーをどのように教育して商品購入・サービス利用に結びつけていくかを提案できれば、ライターとしての価値はさらに高まります。

5.どのような活躍の場があるのか?

最後に、WEBライターとして活躍していくにはどのような形があるのかを紹介しましょう。

5-1.企業から直接仕事を受ける

外部ライターとして企業から直接仕事を受けるという形です。インターネットのクラウドソーシングサービスなどでクライアントを募集し、条件の合うクライアントと契約を結ぶというのが一般的となっています。1クライアントにつき1つの業種に特化した文章を作成することになるため、自分の得意分野に合ったクライアントと契約を結ぶと良いでしょう。

5-2.WEB制作会社・SEO会社から仕事を受ける

WEB制作会社やSEO会社の外注ライターとして仕事を受けるという働き方もあります。ライターを募集している制作会社やSEO会社にコンタクトをとり、契約を結ぶという形です。多業種の文章を書く必要があるため、高いリサーチ能力が求められます。多くのクライアントと契約している会社と契約できれば安定収入を得ることができるでしょう。

5-3.自身のメディアを持ち広告収入を得る

自身でブログなどのメディアを持ち、広告収入を得るという方法もあります。収入が安定するまでに時間がかかるというデメリットはありますが、誰にも縛られずに自由なペースで仕事ができるというのは大きな魅力です。ユーザーに役立つ魅力的なコンテンツがあり、検索エンジン経由で多くのアクセスを集めることができているのであれば、一定の広告収入を得ることができるでしょう。ただし、すべてを自分で管理するため、リスクも覚悟しておく必要があります。

まとめ

いかがでしたか?
この記事では、稼げるWEBライターになるために押さえておくべき5つのポイントを紹介しました。WEBライターとして高い報酬を得るためには、ライターとしてのスキルが欠かせません。特に、ユーザーが何を求めているのか? どうすればユーザーが満足できるのか? という点は常に意識する必要があります。集客・売り上げアップに効果的なコンテンツを作れるライターになることで、現在よりも収入を上げることができるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加